リンク・知恵袋


知恵袋(役に立つサイトへのリンク)

うつ病、統合失調症などの再発率を5倍も上げてしまう高EEとは?

統合失調症やうつ病、双極性障害(躁うつ病)、神経症など多くの精神疾患の再発率を大きく上げてしまう要因として「高EE」というものが指摘されています。 これは精神疾患の患者さんに対する家族の接し方を表している用語です。患者さんにとって一番身近な存在であり、一番の理解者である「家族」が患者さんに対してどう接するかによって、再発率は大きく変わってくるのです。 多くの研究で高EEの家庭は低EEの家庭に比べて、再発率が4~5倍に上昇すると報告しています。 EEとは何を意味しているのでしょうか。また、EEを下げて再発率を低くするためには、どんなことに気を付ければいいのでしょうか。   1.EE(Expressed Emotion:感情表出)とは? EEはExpressed Emotionの略で、「感情表出」と訳されています。ただ感情を表出することを表しているわけではなく、患者さんにとって苦痛となる家族の感情表出を表します。 具体的には 批判 敵意 情緒的な巻き込まれすぎ(患者さんの言動に左右されすぎてしまう) の3つが主であり、これらの感情表出が多い家庭を「高EE」と呼びます。 EEは1960年代のイギリスで提唱された概念で、当初は統合失調症の再発率に関係する因子として注目されました。 入院治療を終えた統合失調症の患者さんを家庭に戻した時、すぐに再発してしまう患者さんと、再発しにくい患者さんに分かれることが以前より医療者間では気付かれていました。 この理由について詳しく調査したところ、家族が患者さんに対して、 「甘えてばかりいるな!」「お前はダメだ!」といった批判的感情 無視をしたり攻撃したりする敵意ある感情 患者さんを過度に気遣いすぎてしまう情緒的巻き込まれ を持つことが多い家庭では、どうやら統合失調症は再発しやすいようだということが明らかになったのです。 同様に統合失調症が再発しにくい家庭について調べてみると、 批判せず支持的に接してあげている 共感したり話し合ったり安心感を与えている 適度な距離感を持って接している ことが分かりました。統計をとってみると、統合失調症において高EEと低EEでは、再発率に約5倍の違いがあるという驚きの結論が出たのです。

せせらぎメンタルクリニック